コテやドライヤーなどによる髪の痛み

小さい頃はほとんどの人が、髪にオシャレをせず、負担がかからないので、余り髪が傷んでいる人は少ないですよね。

 

しかし、高校生くらいから、髪を染めたりパーマをかけたり、また、毎日 コテやドライヤーを使用するようになり、負担がかかり、一気に髪の痛みが、激しくなる人も。

 

私もその一人で、高校時代は髪に対して可愛いくなれば良い、と思うくらいで全くケアをしていませんでした。お陰でくしを通すのも一苦労。
毎日、自分の傷んだ髪がくしが通らず沢山抜けるのが辛くなり、髪のケアを始めることを決めました。

 

まず、市販の安いシャンプーから少し高めの市販のノンシリコンシャンプーに変え、洗い流さないトリートメントとドライヤー後にヘアオイルを付けるように。

 

使い始めてから、1週間も経たないうちに驚くほどサラサラな髪を手に入れることができました。

 

しかし、最近 私の髪の毛が、ずっと使っているケア商品に慣れたのか、ヘアカラーを繰り返しているからなのか、髪がきしむように…。
美容院に行った時も、「髪の毛傷んでますね〜このままだと、ショートヘアになりますよ」と言われた時は相当なショックを受けました。
また、美容室の高級シャンプーやヘアケア商品を勧められました。

 

新人の美容師なので、商売に必死だったのかもしれませんが、かなり傷つきました。

 

やっぱり、髪の痛みは市販のものでは限界があるのか?高い商品を買わなければ、髪の痛みは治らないのか、まだまだ探求しなければいけないなぁと思います。

 

ストレスと抜け毛の対処法

女性はホルモンバランスによって体調を崩しやすいように思います。
自分自信は元気なつもりでも、体の中は正直に反応します。
女性の抜け毛は多くにホルモンバランスの乱れが原因の事が多いようです。
それはストレスによるホルモンバランスの乱れです。

 

職場や人間関係、子育て、女性は様々なストレス戦っています。
その中で直ぐ近くに助けてくれる家族や友達がいれば良いですが、なかなか言えず1人で戦っている場合が多良いでしょう。
ストレスから抜け毛がきているのならば、まずやはり髪の毛に良いシャンプー、コンディショナーを使うべきです。
私が抜け毛に悩まされたときは、そのシャンプーを使いました。
1番から4番まで、髪の毛の質によって分かれているのでとても良く研究されています。
少し薬っぽい匂いが髪の毛に効いているようなきもして、ミントでスーっとする感じが気持ちよかったです。
その匂いもストレス解消になりました。
コンディショナーは頭皮をマッサージさせる様にします。
それも血行が良くなって肩こりがすっきりします。
お風呂に入る事、髪の毛に良いシャンプー、コンディショナーでゆっくりする事はストレス解消、抜け毛対策のつながります。

 

最新情報:ロスミンローヤル 口コミで40代のシミと小じわへの効果がいいらしいのですよ。

 

そして体に良いものを食べる事です。
ジャンクフードばかり食べていては体に良くないですね。それがストレスにも繋がります。
そして体に脂がたまって太り、頭皮にも良くありません。
忙し過ぎの毎日でもどこかで体に良いものを食べる事を気をつけたいです。
規則正しい毎日を送り、ゆっくりする時間を自分の為に作ってあげることはとても大切です。
ストレスからくる抜け毛の原因は一つだけではないと思います。
悪い生活習慣の積み重ねが原因を作ります。

 

またたまに不健康な食べ物を食べてしまったり、ただ寝るだけで何もできなかった日があっても自分を許してあげて、次の日は頑張ろうと自分に言ってあげる時も必要です。

 

抜け毛がストレスからきているなら、自分と向き合ってみるチャンスだと思って生活を見直してみてはいかがでしょうか?